詩篇の祈り

1,650円(税150円)

定価 1,650円(税150円)

在庫状況 残り574冊です。

購入数

初代教会で祈られていた「霊的マナ」を、時間に応じてみことばから祈る祈りの書

何を祈ったらいいかわからない。
祈りが的を得ていない。
自分の感情や日々の出来事に左右され、毎日の祈りの生活が安定しない。

そのように感じる事はないでしょうか?

テサロニケへの手紙 第一 5章17節には「絶えず祈りなさい」と書かれています。しかし、実際は『毎日、絶えず祈るのは難しい』と感じることがあるのではないでしょうか。

そこで、毎日決まった時間に祈りへと導かれる祈りの書をご紹介します。

新約聖書、使徒の働きの中でも「第何時の祈り」というものがいくつか見られますが、この祈りの書は初代教会の時代から継承されている祈りを土台としています。
具体的には、詩篇と福音書からのみことばをもって、ある決まった時間に祈ります。

●第一時(午前6時)の祈り:朝の復活の祈り
●第三時(午前9時)の祈り:聖霊様の注ぎの祈り
●第六時(正午)の祈り:十字架の祈り
●第九時(午後3時)の祈り:完了の祈り
●第十一時(午後5時)の祈り:葬りの祈り
●第十二時(午後6時)の祈り:小さな死の祈り
●覆いの祈り:真夜中に守られるための祈り
●真夜中の祈り:ゲツセマネの祈り

一日をこれらの通りに区分し、それぞれの時間に決められた詩篇から祈ります。

同じ事の繰り返しのように思えますが、毎日みことばを朗読し、祈りを捧げることによってみことばと一つとされ、絶えず祈りを捧げる祈りの人となることができるでしょう。
一人ですべての時間を祈ることが難しい場合は、まずは自分の決めた時間から毎日祈っていくのでもいいでしょう。
主は今も祈る人を探し求めておられます。
みことばから祈る祈りで、主の御心を祈っていきましょう。


こだわりのポイント

みなさまに長くご愛用いただけるために、次のところにこだわりました。

(1)ページの角丸
詩篇の祈りのこだわりのポイント角丸
ページを角丸にすることで、紙が折れるのを防ぎ、長くご愛用いただけるようにこだわりました。

(2)紙質
詩篇の祈りのこだわりの紙質
180ページもの分量がありながら、厚みはわずか7mmほどに抑えるました。その秘訣は紙質にあります。
聖書や辞書でも用いられているような、薄く堅牢な紙を使用し、薄さと裏写りの軽減を実現しました。また、薄いクリーム色の紙面は、長時間見ていても目が疲れにくい色味になっています。


【目次】
・詩篇の祈りとは
・第一時(午前6時)の祈り:朝の復活の祈り
・第三時(午前9時)の祈り:精霊様の注ぎの祈り
・第六時(正午)の祈り:十字架の祈り
・第九時(午後3時)の祈り:完了の祈り
・第十一時(午後5時)の祈り:葬りの祈り
・第十二時(午後6時)の祈り:小さな死の祈り
・覆いの祈り:真夜中に守られるための祈り
・真夜中の祈り:ゲツセマネの祈り

・A5版
・180ページ

こちらの商品についてのレビュー

  • まなと
  • 60代以上
  • 女性
  • 2022/04/14 22:00:19
主よ憐れんでください!
ハレルヤ!主に感謝します!届けられた時が、時期的に受難週を迎える準備期間であり、加えて個人的にも誕生日を迎え新しい年度の始まりを感じていたのでとても取り組みやすかったです。
少し時間に縛られると感じましたが、今では出来る時に、気づいた時に祈りのプログラムがあることはとても感謝な事だと思うようにして用いています。
詩篇の朗読自体が賛美と知り、一篇ごとにひれ伏しながら、先人から受け継がれたやり方、またダブリングと言われる祈り方全てに意味があると思わされ実行しています。
主よ、憐れんでくださいと続けて告白する時、主が成して下さった、流してくださった、耐えて下さったことを想いただ感謝の涙が流れます。
  • 中林 千恵子
  • 60代以上
  • 女性
  • 2022/04/10 08:45:06
「詩篇の祈り」を紹介してくださって、感謝します。
素晴らしい祈りの本を感謝します。
出勤前に朝の分 帰宅して夜の分 休日に昼の分を祈っています。
全部は無理な日があるのですが、どのパートも、油注ぎがあり、
私自身で祈り切れない言葉をみ言葉と御霊によって導かれて、はっきりことばとして、霊の奥から祈ることが出来ます。こんな私は天の御国に入る資格なんてあるはずないのですが、主イエスの十字架を感謝します。
主よ憐れんでくださいと口から言葉に出して祈るたびに、主イエスが、鞭うたれて苦しまれている映画の映像が目に浮かびます。鞭の痛み、脇腹、そして頭蓋骨にまで達していた、いばらの冠、狂うほどの痛みであったと想像します。主よ、私を憐み、私の為に身代わりに懲らしめを受けてくださったことを感謝します。という思いが湧き出て、涙が溢れます。
み言葉を朗読する時に主がすぐそばにいてくださることが分かります。
こんな私の朗読を、主は微笑んで聞いてくださっています。
2年間以上、足腰を悪くして手術入院を繰り返し、ようやく主の恵みによって、社会復帰が出来ました。ブランクがあり、職場の皆さんの足を引っ張る事が多く、自分に対して情けなさを感じる日々ですが苦しい思いになるたびに、こんな私の為に主は苦しまれたことを毎回思い起こし、不思議に、どんなことでも感謝させていただきたいという思いが与えられます。また愛が与えられることも不思議です。み言葉そして、この祈りと共に生きた初代教会の聖徒たちが、力に満ちていたことに納得します。
この祈りの後、ひとりで聖餐式をするのですが、さらに主に近づくことが出来て、私は神の子だという自覚を与えられます。この祈りを通して、自分がどんな存在であって、主に憐れんでいただかなければならない存在であるかを悟らされます。こんな私を天の御国に入らせてくださり、主の臨在の中を歩ませていただける恵みを、心から感謝します。
主の十字架を感謝します。主の十字架により頼みます。
詩篇の祈りの後は、力強い神の力によって聖められ、いつも心癒されます。父なる神、子なるイエス・キリスト、聖霊なる神に心から感謝いたします。またこの祈りを紹介してくださったことを心から感謝します。ありがとうございました。