一緒に購入されている商品

NEXT GENERATION ユースミニストリーの変革

1,650円(税150円)

在庫状況 残り10です。

購入数

「ユースはうるさくって何を考えているのか理解出来ないから関わりたくない。」
「ユースを導くのは難しい。」
「ユースの働きの奉仕に任命されたが、実際どうしていいかわからない。」

普段からそのようなことを思っている方に、最高の本を紹介したい。

私は、この本を読んだ時に「このような本を待っていた!」と思わず声に出していってしまった。
特に、ユースの働きに関わっている人は、この本の目次を見ただけで、そう感じるかもしれない。

第一章 ユースミニストリーとは何か?
第二章 効果的なユース伝道
第三章 真の保健体育
第四章 ユースパスターとユースリーダーの働き
第五章 ユース礼拝
第六章 ユースメッセージ
第七章 ユース弟子訓練


この著書、「NEXT GENERATION ユースミニストリーの変革」を執筆した佐々木拓也師(以後、親しみと尊敬を込めて「タク」と呼ばせていただきます)は、1984年大阪生まれ、大阪育ち。14歳の時にイエス・キリストと出会い、アメリカのCFN(Christ For The Nation)神学校を卒業。2006年、弱冠22歳でELEVATE CHURCH(エレベートチャーチ、通称えれちゃ)を開拓。一貫して10代へのアプローチを続け、今では教会に入りきらないほどの若者で賑わっている。

そんなタクが開拓から今までの体験、成功、失敗など、様々なエピソードを惜しみなく紹介してくれているのが本書。

献身者とは、牧師やミニストリーリーダーだけではなく、キリストを信じる全ての人が献身者だとタクは語る。

また、ユースとのかかわりの大切さを様々な形で教えてくれている。
ユースの気持ちを理解するには、まず、私たちの考え方を変え、歩み寄る姿勢が必要だ。
そのための実践的な教えが数々書かれてある。

なかなか公に語られる機会の少ない、若者に対する聖書が教える性教育も、本書でははっきり語られている。
心と体の変化が激しく、自分自身をうまくコントロール出来ない若者に、聖書が教える道をはっきりと示すことができるだろう。

この一冊の中に、ユースへのアプローチの仕方、関わり方、育て方、送り出し方が書かれてあるので、読者がどのような悩みを抱えていようと、その解決の大きなヒントになることは間違いない。

今まで、ユースミニストリーに関する書物で、海外で書かれた書物を日本語に訳したものは存在したかもしれない。
しかし、この本は日本で生まれ育ったタクが実際に行って結果を出してきた事が様々なエピソードを通して書かれている。
当然、日本の文化に即し、かつ、今の時代にあった内容となっている。

日本の未来はユースが担っている。
ぜひあなたもこの本を読み、一人でも多くの若者の魂をキリストの元に導いて欲しい。

こちらの商品についてのレビュー

レビューはありません。

一緒に購入されている商品