ぼくはアフリカにすむキリンといいます

1,100円(税100円)

購入数

2018年にドイツ児童文学賞受賞、2001年に全国学校図書館協議会・選定図書となった、心温まる一冊。

アフリカにすむ一頭のたいくつなキリンが、手紙を書きました。配達するのは、やはりたいくつなペリカン。「地平線のむこうでさいしょにあった動物」あてに書かれた手紙が、だれにとどいたかというと…そして、それからどうしたかっていうと…?キリンはいっていました。このお話、ひとりぼっちの人、たいくつな人、いそがしい人に、ぜひよんでもらいたい、ってね。小学中級から。


作:岩佐めぐみ

1958年、東京都に生まれる。多摩美術大学グラフィックデザイン科卒業後、1986年まで同大学学科研究室に勤務する。作品に『ぼくはアフリカにすむキリンといいます』『わたしはクジラ岬にすむクジラといいます』『オットッ島のせいちゃんげんきですか?』『おいらはコンブ林にすむプカプカといいます』『バッファローおじさんのおくりもの』『カンガルーおばさんのおかいもの』がある。夫、二人の息子とともに、東京都多摩市在住。JTJ宣教神学校卒。ぶどうの木八王子キリスト教会員。

絵:高畠純

1948年、愛知県に生まれる。愛知教育大学美術科卒業。東海学院大学特任教授。絵本『だれのじてんしゃ』でボローニャ国際児童図書展グラフィック賞受賞。作品は『もしもし…』「白狐魔記」シリーズ、『ピースランド』『おどります』『らくちん らくちん』『わんわんわんわん』『十二支のはやくちことばえほん』、「クジラ海のお話」シリーズなど多数。岐阜県在住。



単行本: 101ページ
出版社: 偕成社 (2001/6/1)
言語: 日本語
ISBN-10: 4035010405
ISBN-13: 978-4035010401
発売日: 2001/6/1
梱包サイズ: 21.2 x 14.8 x 1.4 cm

イメージはありません。

レビューはありません。